内閣府による被災住宅への応急対応(ブルーシート設置)や修理を円滑に進めるための対策例のご紹介

令和元年の房総半島台風や東日本台風の暴風等により、千葉県では南部を中心に、多数の住宅が屋根の破損等の被害を受け、応急対応としての被災家屋へのブルーシート設置や、住宅修理のニーズが急増していました。内閣府が対策例を挙げています。


〇ブルーシート設置については、対応できる地元の事業者が不足したため、千葉県は、設置事業者を県内外から 募集し、設置を希望する被災者とマッチングする事業を行い、事業者受注体制の強化を図った。

〇住宅の修理については、被災者からの住宅の修理に対する相談に対応できるよう、国土交通省が、事業者団体等 における相談体制の構築を支援する事業を行い、修理の円滑な実施を推進した。

〇今後の災害時に、被災地において、応急対応としての被災家屋へのブルーシート設置や住宅の修理のニーズが 急増した際、被災地の地方公共団体が円滑に対応できるよう、令和元年の一連の台風災害時における千葉県での 取組例を参考にご紹介する

http://www.bousai.go.jp/pdf/BS.pdf

【取組の実例】 1.ブルーシート設置工事の促進措置の事例(別紙1) ・事業主体及び問合せ先:千葉県 防災危機管理部 危機管理課 災害対策室043-223-2175 [参考資料]1:応急防水加工(ブルーシートの展張)による家屋補修の支援について
2:応急防水加工(ブルーシートの展張)による家屋補修の支援に係る受付・問い合わせ窓口の開設について
2.被災者の相談体制の取組事例1(ちば安心住宅リフォーム推進協議会)(別紙2) ・事業主体及び問合せ先:国土交通省 住宅局 住宅生産課 住宅瑕疵担保対策室03-5253-8942(直通) ・参考(千葉県)HP: https://www.pref.chiba.lg.jp/juutaku/taifu_kentikujuutakusoudan.html
3.被災者の相談体制の取組事例2(全国木造建設事業協会千葉県協会)(別紙3) ・事業主体及び問合せ先:国土交通省 住宅局 住宅生産課 住宅瑕疵担保対策室03-5253-8942(直通) ・参考(千葉県)HP: https://www.pref.chiba.lg.jp/juutaku/saigaifukkyuu/koujisoudan.html

http://www.bousai.go.jp/pdf/BS.pdf

http://www.bousai.go.jp/pdf/BS.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL