女性の心身の不調の味方【クラリーセージ】

こんにちは。特定非営利活動法人プロボノの中島です

みなさんは「秋」と聞いて何を思い浮かべますか?

読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋・・・

夏の暑さも落ち着いて心地よい気候、夜も長くなる秋は自分の興味があることを楽しみたくなりますよね

しかし急な温度変化や夏にたまった疲れの蓄積などで、実は心と体のバランスを崩しやすい季節なんです

冬に向けて日照時間が短くなり、なんだか気分が落ち込みやすくもなったりします

そんな症状は「プチうつ」「9月病」などと呼ばれたりもします

病気とは言えないくらいの状態ですがちょっと心が憂鬱な時などにはセルフケアとしてアロマの力を借りてみてはいかがでしょうか?

今回は特に女性が感じやすい不調を和らげるために活用していただきたい【クラリーセージ】をご案内します

クラリセージ

クラリーセージは何千年も前から目や消化器系の疾患の治療に使われてきたといいます

種子を煎じて目に使うと視界がクリアになるということから「クリア=Clear」を意味するラテン語の「クラルス=Clarus」からクラリーセージという名前が付けられたと言われてます

そしてドイツのマスカットワインやフランスのベルモット酒の香り付けにも使われているそう

古くから香水の原料としても幅広く利用されています

クラリーセージは南ヨーロッパが原産の2年草で別名「オニサルビア」とも呼ばれています

「スクラレオール」はエストロゲン様の作用があり、ホルモンバランスを整え女性特有の悩みの緩和に効果が期待できます

PMSと呼ばれる月経前症候群や生理不順、更年期の症状にも役立つと言われています

また、子宮強壮作用があり陣痛を和らげて分娩を促すため、分娩室で使用されることもあるそうです

さらに鎮静作用、抗うつ作用があるため、頭痛や筋肉痛、腹痛などの痛みの緩和や不安やストレスを和らげて心を安定させてくれるリラックス効果も高い精油の一つです

クラリーセージに含まれるリナロールは血圧降下作用を持っていますので高血圧の改善にも有効と考えられていますし、抗炎症・抗菌作用も持っていますので肌の炎症を和らげてくれるといった美容面への効果も期待できます

皮脂のバランスを整えてくれるのでテカリなどで悩んでいる方に特にオススメですし頭皮のベタつきやフケにも効果を発揮してくれるので、女性だけではなく男性の利用もオススメです

今回はクラリーセージのシーン別のブレンド案をご紹介します

クラリーセージ+ベルガモット+グレープフルーツ+ラベンダー

お好みのオイルに対して上記を10%以内でブレンド

お風呂上りなどに腹部にゆっくり塗り込んでください。香りの相性が良いだけではなく、グレープフルーツには脂肪燃焼効果も期待ができますので一石二鳥ですね

【女性特有の不調を和らげるマッサージオイル】

クラリーセージ+バジル+タラゴン

お好みのオイルに上記を同量ずつ、濃度10%を目安にブレンド

下腹部に塗布してください。特に痛みを感じている場合にオススメのブレンドです

【鬱っぽい落ち込んだ気分の時のルームスプレー】

クラリーセージ+フランキンセンス+マジョラム

無水エタノールに上記を10%濃度でブレンド

エタノールではなくてディフューザーで芳香浴としても使用できます

もちろんお湯を張ったカップに精油を垂らすだけでもいいですよ。やりやすい方法で楽しんでください

ハーブの爽やかさとほんのり甘さを感じられるクラリーセージは特に女性の健康を支えてくれる様々な能力を持っています。ぜひ生活に取り入れて精油の持つ力を活用してみてくださいね

動画:プロボノチャンネルもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL