台風19号の影響により釜石鵜住居復興スタジアム試合開催中止:10月13日(日)「ナミビア対 カナダ」

ワールドラグビーとラグビーワールドカップ2019組織委員会は、台風19号の影響ににょり日本接近に伴い、釜石鵜住居復興スタジアムでの「ナミビア v カナダ」を中止することを決定したとの発表を行いました。釜石鵜住居復興スタジアムでの2戦目、非常に残念ですが安全第一ですからしかたがないです!

今回の判断に際し、私どもが重要視したのは、観客、選手、大会を支えるスタッフ・ボランティアら全ての関係者が安全に試合をご観戦いただき、運営できること、そして全てのチームに対する一貫性を持った判断のためのラグビーワールドカップ大会規定の遵守です。

https://www.rugbyworldcup.com/update/510716

 これまで、気象情報提供事業者と気象庁から提供された最新の情報に基づいて、台風19号の進路について注視してまいりました。これまでの情報では10月13日(日)午前中にかけて、東北エリアに引き続き暴風と大雨の影響があることを示しています。

https://www.rugbyworldcup.com/update/510716

この状況において、関係機関とも様々な可能性について協議を重ねた結果、公共交通機関の乱れや土砂災害の可能性など、観客の皆様、選手、大会を支えるスタッフ・ボランティアなど全ての関係者の安全を確保することが困難であると判断されることから、開催を断念することといたしました。中止となる試合は、大会規則に則り振替試合は行われません。中止された試合のチケットは全額払い戻しさせていただきます。払い戻し方法については、チケットご購入者の皆様に改めてメールでご案内させていただきます。

https://www.rugbyworldcup.com/update/510716

ワールドラグビーCEO ブレッド・ゴスパー コメント

「我々は、この24時間にわたり、開催自治体と緊密に連絡を取り合ってまいりました。試合時間の変更や無観客での開催の可能性についても検討しましたが、開催自治体からの強い勧告も頂き、安全性を優先する観点から、試合中止の判断を行いました。難しい決断ですが正しい判断であると信じています。13日に行われる残りの3試合が予定どおりに進められるため、引き続き台風通過後の会場の詳細な調査を行い、実施の可否判断を速やかに発表いたします。ラグビーワールドカップ公式ソーシャルチャンネルとデジタルチャンネルをご確認ください。」

https://www.rugbyworldcup.com/update/510716

公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会 事務総長 嶋津昭 コメント

「我々は、ワールドラグビーと開催自治体とともに、試合の実現に向けて、継続的に協議を進めてきましたが、一部の試合を中止するという決定をせざるを得ませんでした。今回の判断は、観客の皆様、チーム、関係者、ボランティアの皆様、関わる全ての方の安全を優先し行われたものであり、同時に開催自治体の安全への強い思いにも斟酌し、決定に至ったものであります。」

https://www.rugbyworldcup.com/update/510716

東日本大震災の津波により校舎が全壊・浸水被害を受けた鵜住居川河口付近の釜石市立鵜住居小学校と釜石市立釜石東中学校跡地にできた復興のシンボルの1つ釜石鵜住居復興スタジアムでまたラグビーの試合が実施されることを祈念しております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL